【台中生活】台湾在住者が語る台湾の真実

台湾の台中をメインにグルメ、観光地の事などをまったり書いていきます。

【台中牛肉麵】『六六順牛肉麵』は地元民が並んででも食べる台中で大人気の牛肉麺屋さん

f:id:QINGSHUI:20200526181012j:plain

台湾料理の定番の一つである牛肉麺は台湾旅行では食べておきたい一品ですよね。

台中でも牛肉麺屋さんは多く、美味しくないお店はすぐに淘汰されていきますが、そんな中で長い事人気を誇っているこのお店。

値段もそうですが、味にもシビアな台湾人に選び続けられるって大変ですよ、台湾だと開店してすこし経つと値上げをしたり、食材の品質を落として客離れが進むお店が多いですが、このお店は多少の値上げはあるものの味に関してはずっと高いクオリティーを保っているんですね。

今回はそんな台中の地元民に大人気の『六六順牛肉麵』を紹介していきます。

 

 

『六六順牛肉麵』に関して、行き方

f:id:QINGSHUI:20200526181046j:plain

営業時間はお昼約2時間、夕方約2時間と強気な時間設定ですが営業時間中はひっきりなしにお客が訪れて来て、並ばないと入れない事もしばしばある人気店です。

牛肉麺はコクのある濃厚なスープで、持って帰ってカレーやビーフシチューの出汁にしたくなるような旨味があります。

ただ、立地的には不便な場所にあり、一番近くの観光地の台中国立美術館から歩いて20分位の場所にあるので、バイクや自転車が無い場合は少し大変ですね。

台中駅からMRTで一駅の五權站まで行けば歩いて5分程度ローカルな電車に乗っていくのもいいかもしれませんね。

牛肉麺好きという方には是非とも足を運んで頂きたいお店ですので頑張って向かって下さい!

 

席取りと注文方法は台湾スタイル

空いている席を探して席を確保したら、厨房のおばちゃんに注文しに行くというスタイルです。注文すると番号札をくれるので席の上に置いておきましょう。

メニューは牛肉麵,牛肉湯,牛肉湯麵,榨菜肉絲麵の4種類とシンプル。

ほとんどのお客さんが牛肉麵を頼むのでまあ特に考える必要は無いでしょう。

豆知識で牛肉麵と牛肉湯麵の違いはというと牛肉が入っているかいないかの差で、牛肉湯麵だと牛肉が入っていないので気を付けて下さい。

小菜はどれでも30元なので、食べたいのがあったらおばちゃんに指さしのジェスチャーをすれば貰えるでしょう。

会計は食べ終わった後に自己申告制なので、払い忘れないように。

私は一度払い忘れて帰ってしまい、お金を払いに戻った事があります。。。

 

注文の際の注意点

牛肉麺のサイズは小と大がありますが、小でも日本のラーメン屋の1.5倍くらいの麺の量なので結構な量があります。

大だと二人で食べて丁度良い位の量になります。台湾なので大を二人でシェアしても特に問題は無いのですが、日本人だと恥ずかしいとか、お店に申し訳ないとかなってしまうと思うのでそこは個人の判断にお任せします。

 

実食

f:id:QINGSHUI:20200526181116j:plain

注文したのは牛肉麺ですね。嫁がネギが苦手なので、ネギ抜きを頼んだのか自分のにも入っていなかったですが本来ならネギが入っていますね。

大き目のお肉がごろっと4.5個に榨菜がどばっと入っています。

味はビーフシチューのようなコクがありながら飽きの来ないさっぱりとした感じでどこか懐かしい感じです。麺はつるつるっとしていて食べやすいですね!

日本人の国民食がラーメンなら台湾人は牛肉麺ですね~

一つ希望があるとすれば、冷やしバージョン作って欲しいですね。

台湾の方は冷たい物食べたがらないですが、冷やし牛肉麺とかあったら絶対通っちゃいますよ。

 

f:id:QINGSHUI:20200526181137j:plain

f:id:QINGSHUI:20200526181200j:plain

店舗情報

店名: 六六順牛肉麵

営業時間: 11時30分~13時40分 17時30分~19時20分 ※月曜日定休

住所:台中市西區南屯路一段19號

 

 

 

 

 

www.taichunglife.work