【台中生活】台湾在住者が語る台湾の真実

台湾の台中をメインにグルメ、観光地の事などをまったり書いていきます。

【台中観光】地元民が足繁く通う伝統的市場『台中第二市場』のおススメB級グルメをご紹介!

f:id:QINGSHUI:20190924173448p:plain



台湾の古き良き文化の一つ『市場』。日本の昔ながらの市場や小さな商店街のようなイメージで、市場内には食材や日用品をはじめ様々な物が売られ、食事処も多くあり地元民には欠かせない存在です。

現在では大型のスーパーなども増えて来て、需要は減りつつあるものの特定の地元民からは未だに愛され、多くの人で賑わっている市場もあります。

その一つが『台中第二市場』。台中では活気がある市場の一つで、その独特な雰囲気とB級グルメを求めてわざわざ足を運ぶ観光客も少なくありません。

今回はそんな台中の『第二市場』のご紹介です。

 

 

台中第二市場とは

f:id:QINGSHUI:20190924124941j:plain

台中市第二市場(タイヂォンシディアーシーチャン)は台中市中区にある市場[1]。三民路と台灣大道一段の交差点に位置し、六角形平面をもつ「六角楼」という建物を中心として、建屋が集まって構成される市場である[2]

日本による台湾統治時代1917年に日本人向けの高級市場として開設した[1]。当時は新富町市場と呼ばれていた[1]1936年に火災が発生するも[1]、すぐに復旧した[3]太平洋戦争の終戦を経て1946年には「武德宮」という廟が場内に置かれ、これは現在まで存続している[3]。2005年には台中市により修復工事が行われた[1]

2000坪を超える敷地に[2]、B級グルメ、生鮮食品や乾物屋、衣料品店など300近いテナントが入っている[1]

Wikipediaより引用

 

【施設詳細】

名前:台中公有第二零售市場(第二市場)
住所:台中市中區三民路二段87號
電話:04-22254222
營業時間:7:00~20:00(月曜日定休)

※店内のお店の営業時間は各店舗ごとに違います。

 

ちなみに 台中には『第二市場』『第三市場』『第五市場』『第六市場』とありますが、第六市場以外は伝統的な市場で、北京語ではなく台湾語が飛び交うような場面も多くみられます。

第六市場は比較的最近出来た、室内の綺麗な空間の市場で冷房も効いているので、伝統的市場の衛生面や暑さが気になる方はこちらで楽しむ事も出来ますね。

 

www.taichunglife.work

 

第二市場への行き方

台中火車駅から歩いて15分前後の距離で、駅前の人気スポット宮原眼科からはほぼ一本道なので駅前付近からは歩いて行くのもありですね。

 

バスの場合はBRT(300番台の2両の大きなバス)で行くのが便利です。第二市場駅で降りれば問題ありません。

台中のBRT(2両の大きなバス)300番台のバス(300~310)は基本的に台中火車站~靜宜大學はどの番号でも同じ路線で台中火車站と靜宜大學以降の行き先が違うので下記の区間であれば300番台であればどれに乗っても大丈夫です。

※方向だけは確認して下さい。

 

f:id:QINGSHUI:20190918100112j:plain

 

 

第二市場でおススメのB級グルメ

 第二市場の一番の魅力はB級グルメでしょう。安い、早い、旨いが揃ったお店が多くあり友人とシェアしたり、テイクアウトをして数店舗食べ歩くのも良いですね。

それでは第二市場で人気のお店をご紹介していきます。

王家菜頭粿糯米腸

f:id:QINGSHUI:20190924125715j:plain

第二市場の中門にあるいつ見ても混んでいる大人気の老舗小吃店。

お店のおススメは糯米腸+菜頭粿(蘿蔔糕)+荷包蛋という3種類の小吃のセットで55元とお財布にも優しい感じです。

3種類のセットを紹介していくと、1つ目は菜頭粿(蘿蔔糕)という名前で簡単に説明すると大根モチの事です。台湾スタイルの大根モチは菜頭粿と呼ばれているのでこういった呼び名なんですね。

2つ目は糯米腸という物でもち米を豚の腸に詰め込んだ台湾版のきりたんぽみたいな感じですね。結構食べ応えがあるので数人で分けてもいいかもしれません。

3つ目の荷包蛋は目玉焼きの事ですね、台湾人は半熟を好まないので黄身は固いと思いますが台湾スタイルで楽しみましょう。

注文する場合はメニューの一番上におススメのセットが書いてあるので1番上と指を差せばおススメセットは頼めると思います。

個別で頼むときは食材を直接指さしで頼むといいでしょう。

座席は市場の外にあり、若干早い物勝ちみたいな感じなのですが回転も早いので席が空くのを待ちましょう。

【店舗詳細】

店名:王家菜頭粿糯米腸

住所:台中市中區三民路二段87號

営業時間:6時30分~18時

年中無休

 

老賴紅茶

f:id:QINGSHUI:20190924172602j:plain

ここのミルクティーも人気です!場所は『王記蘿蔔糕』の向かい側にあります。ミルクティーは香港とかインドっぽいタイプで甘さは固定なので選べません。結構甘めなので好みはわかれるかもしれませんが、個人的には好きな味ですね。

B級グルメを楽しむ前にまずはこれを買ってから歩き回るのが自分流です!

黄色いコップが山積みされているのでこれを目印に。

 

 【店舗詳細】

店名:老頼茶桟

住所:台中市中區三民路二段第二市場7180

営業時間:7時30~18時

年中無休

 

f:id:QINGSHUI:20190924182114j:plain


顏記肉包

f:id:QINGSHUI:20190924183213j:plain

ここも50年以上続く老舗で、お店は市場の外側にあり手作りワンタンと肉まんが売りのお店です。あっさりした優しい味の素朴なワンタンはいくらでも食べれてしまいますし、蒸したての肉まんもたまりません。

個人的には日本人が一番食べやすい味かなと思うお店で、台湾の香辛料が苦手という方にはおススメです。

今回は肉まん2つとワンタンと意麵は2人でシェアして食べました。素朴という言葉がぴったりで、めちゃくちゃ美味しいというよりは毎日でも食べれるというような味ですね。

f:id:QINGSHUI:20190924183239j:plain

肉まんもジューシーで美味しいですね!

f:id:QINGSHUI:20190924183307j:plain

【店舗詳細】 

店名:第二市場 顔記肉包、餛飩湯

住所:台中市中區三民路二段103號

営業時間:8時~17時30分

年中無休

 

 

山河魯肉飯

f:id:QINGSHUI:20191004164506j:plain

台湾のルーローハンといったら刻まれた小さい豚肉がのっているのが一般的ですが、ここのルーローハンは角煮のようなお肉がどかんとのっているタイプがあり、パンチが効いていますね。

煮込まれた角煮を見たら頼まざるを得ないですね。

f:id:QINGSHUI:20191004165028j:plain

観光客にも人気のお店でいつも行列していますが回転が早いのでそんなに待つことは無いと思います。

角煮系のルーローハンと地瓜葉(サツマイモの葉っぱ)という超台湾的な2品を注文。

f:id:QINGSHUI:20191004164621j:plain

角煮は合格点ですが、自分はそこまで他店との差は解らなかったですね。

営業時間が他と比べて早めなのでそこは中止ですね。

このお店以外にもルーローハンなどのお店も多数あるので大食いの方は食べ比べしても良いですね。

【店舗情報】

店名:山河魯肉飯
住所:台中市中區三民路二段87號(台灣大道入口處)
營業時間:5時30分~15:00時(水曜日定休)

 

 まとめ

今回紹介させて頂いたお店以外にも沢山のお店が中には入っています。自分の嗅覚を頼ってみたり、食べている人の料理をこっそりのぞいて見て美味しそうだったら入ってみるのもいいですね。

伝統的な台湾が味わえる第二市場、台中に来たら一回は行って見て下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.taichunglife.work