【台中生活】台湾在住者が語る台湾の真実

台湾の台中をメインにグルメ、観光地の事などをまったり書いていきます。

【台中ラーメン屋】『麺屋絆』は台湾人と日本人の絆から生まれた日本の本場の味が楽しめるラーメン屋だった。

f:id:QINGSHUI:20190710182426j:plain

台湾は日に日に暑くなってきて、冷たい麺が食べたくなる毎日。

でも台湾の人って冷たい麺をあんまり好んで食べないんで、結構冷たい麺を出すお店が少ないんですよね…

 

そんな中本日行って来たのは台中にあるラーメン屋さん【麺屋絆】さん

如何にも日本人が経営してるっぽい店名ですけどどうなんでしょうか?

やっぱり日本の本場の味が食べたいので、ここは自分にとって重要。

台湾人が経営しててもいいんですけど、台湾人経営のお店はスープの濃度が極端に薄くて、麺も柔らかいお店が多いですからね。

個人的にはあんまり好みじゃないお店が多いかな。

 

話がちょっと変わりますが、台湾人の付ける店名や商品名のネーミングセンスって日本人とちょっと違うんですよね。外国語を勉強してもなかなか養われるものじゃないんですよこのセンスっていうか感覚っていうやつは。

ですのでラーメン屋の名前を見ると大体日本人経営者か、台湾人経営者かがわかってしまうんですけど、今回はちょっとわからない。というか日本人でしょこのセンスって思ったわけです。結局美味しければいいんだけど。

 

そんな事を考えながら入店。

f:id:QINGSHUI:20190710182302j:plain

 

 

魚介醤油のつけ麺があったのでそれを注文することに。

メニューはこちら

f:id:QINGSHUI:20190710182326j:plain

 

スタッフは台湾人の方でしたが、感じが良い台湾風の接客で麺を1玉か2玉か聞かれたので実際に見せてもらい2玉にする事に。大盛りは無料との事でした。

ちょっとびっくりしたのが麺の固さを聞かれた事ですね。

固めと伝えましたけど、これがわかってるお店はほぼ間違いなく日本人が絡んでいるラーメン屋なので期待できますね。

 

つけ麺が来ました。太麺が好きだけど、ここはちょっと細めの麺。

f:id:QINGSHUI:20190710182426j:plain

つけダレはほのかな甘みがあって中には大きなチャーシュー、キクラゲ、キャベツ、味付き卵と入っていて食べ応えもある。つけダレは合格点、麺も細いけどしっかりコシがあっていい感じ。上から目線ですみません…

 

スタッフが味はどうかと聞いてきたので「美味しいよ」と日本語で答えると「日本人ですか?」と聞かれるいつもの流れだけど嫌いじゃ無い。

 

軽く世間話をしていると、店長らしき人がお店に来て味はどうかと聞かれたので「美味しいですよ、日本の味と同じだよ」と答えると喜んでいた。

 

店長に「替え玉いる」と日本語で聞かれたけど、さすがにお腹いっぱいだったから丁重にお断りさせて頂いた。

この店は麺は無料で食べ放題なのかな?

 

でも店長も台湾人なのに、なんでこんな日本のラーメンを理解しているか不思議に思ったので探りをいれてみる事に。

 

店長によると「昔台中のSOGOの中にあった麺屋輝で働いていて、自分はその店の№2だったんだ。このお店はそこで働いていた日本人と一緒にオープンしたんだ。」と教えてくれました。

 

どうりで日本の味なわけだ。納得。台湾人と日本人の絆を感じさせてもらいました。

そんなわけで素敵なスタッフのいる【麺屋絆】を後にしたのでした。

 

日本の味と台湾人のフランクな接客がマッチした、とても居心地の良いお店でした。

 

是非また行きたいと思います!

 

麺屋絆

営業時間 11:30~14:00 17:30~21:00

火曜日定休

 

www.taichunglife.work