【台中生活】台湾在住者が語る台湾の真実

台湾の台中をメインにグルメ、観光地の事などをまったり書いていきます。

台湾で同性愛の結婚が可能に!国際結婚はまだ許可されていない模様。

f:id:QINGSHUI:20190520174532j:plain

2019年5/24より台湾でアジア初の同性同士の結婚が認めらる。

私個人的には同性愛者では無いが、台湾らしい自由さを感じられる法律だと思っている。

内容的には『18歳以上で結婚可能』『お互いに扶養義務がある』『相続権も夫婦という立場で与えられる』などがある。

逆に一般の結婚と異なる部分としては、国際結婚という部分では認められておらず、まだ時間がかかると思われる。現状は台湾人同士での結婚のみとされている。

他には養子など子供の問題や家族の問題などがあるが、当事者以外の人間が受け入れられるかというのが何よりの問題であると個人的には考える。

 

又、この法案は台湾ですぐに可決されたかというとそうでも無いとの事だ。台湾で同性婚の問題は1986年頃から始まり、度々否決され続けて33年の歳月をかけてようやく成立したという事は覚えていておいて頂きたい。

台湾は自由な国だと認識している人も多いが、年配の方などを中心にこういった案件には反対派も多く、今回なんとか成立したというのが実情である。

 

現状多種多様な生き方が増え、契約結婚や結婚をせずに一緒に生きるという選択をするカップルも増えて来ている。

しかし、婚姻という一つの形式がが与える安心感や満足感というのはまだまだ大きな価値を持っているのだと認識させられた。

正直日本でも賛否両論はあると思う。しかし勇気を持って第一歩を踏み出した台湾と、婚姻を行う同性愛者に敬意を表したい。

www.bbc.com

 


www.taichunglife.work